お姫様と庶民の結婚 – 十二夜

お姫様と庶民の結婚というと、シェイクスピアでは『十二夜』が思い浮かびます。 BBCシェイクスピア全集 26 『十二夜』 伯爵の娘オリビア:シネード・キューザック (RSCアソシエーツ) セバスチャン:マイケル・トーマス 続きを読む…

イングランドの騎士:ヘンリー五世の戦い-youtube

番組後半にヘンリー5世のフランスでの戦いが描写される。(特にアジャンクールの戦いが圧巻)。 イングランド軍:補給もとだえ、赤痢に苦しむ悲惨な状態。平民のロングボー射手5千と1千の騎士 vs フランス軍:補給十分。後列と両 続きを読む…

シェイクスピアのボキャブラリーは34000語

BBCの教育関連の記事に、語彙数の比較が載っていました。われらが”偉大な詩人”は34000語と推定されています。ボキャブラリーのテストもあって、管理人は画像のヒントと勘で10問中8問正解の好成績!でした。(それで、自分の 続きを読む…

「十二夜」の輪唱について調べてみた

学校・図書館向けの『十二夜』を増刷した際、JASRAC から使用曲について問合せがあり、そのために該当部分を抜き出したり、少々調べたりすることになりました。問題になった一つが、第二幕第三場の輪唱 “HOLD 続きを読む…

[広報資料より] 「ロミオとジュリエット」を見て 高橋康成 教授(談)

引用

BBC版「ロミオとジュリエット」についての高橋康成 先生の談話です。(「シェイクスピア劇場」として昭和55年11月から放映開始されたシリーズの広報資料に収録されていたもの)

「ロミオとジュリエット」を見て

東京大学 高橋康也 教授(談)

シェイクスピアの作品は、舞台や映画の形で私たちの目に触れることが多いわけですが、こんどのBBC制作のシェイクスピアは、ちょうどその中間に位置するものと考えられます。
「ロミオとジュリエット」も、ゼフィレルリの映画に見たような、爆発的エネルギーや野性味で味つけした新解釈でなく、居間に置かれたテレビの画面の寸法にぴったりした、過不足のない
シェイクスピア、自然な姿のシェイクスピアになっています。
演出も正統的で、登場人物は、衣装こそ古い当時のものを身につけていますが、リアリティーがあり、現代そのもののような感じさえします。その理由の一つは、ジュリエット役に
十四歳の少女をあてたことにあるでしょう。舞台で見せるジュリエットは、その若さゆえの行動を、演技力で納得させなければならないのですが、テレビのジュリエットは、十四歳の年齢そのままのナチュラルな演技、稚ない感じそのままが説得力をもっています。テレビの画面を意識し、よく計算して作られている点が、BBC「ロミオとジュリエット」の大きな特徴であり、映画をテレビで放送するのとは違った強味になっていると思います。

テレビ放映時(昭和55年)の資料発見

「BBCシェイクスピア全集」の宣伝に使う写真を探していたら、キャビネットの奥から、興味深い資料がでてきました。1980年の初放映のころに作成されたNHKの広報資料です。当時のシリーズの担当者がどういう意図や期待を持って放 続きを読む…

【cd-rom版】シェイクスピア大全

今はたぶん中古でしか手に入らないのですが、何か台詞を調べたい時には驚くほど便利な一冊というか一枚がこの【cd-rom版】シェイクスピア大全です。DVDシェイクスピア全集を出すにあたって 資料として購入したようで、会社の本 続きを読む…

テレシスインター shop blog | 見つめてシェイクスピア展 会期終了

テレシスインター shop blog | 見つめてシェイクスピア展 会期終了. 練馬美術館のあと、滋賀県立近代美術館で開催されていた「見つめてシェイクスピア展」が、今週いっぱいで、終了のようです。 シェイクスピアの世界に 続きを読む…

フォルガー・シェイクスピア・ライブラリー

シェイクスピア関連のコレクションがおそろしく充実したライブラリーを「発見」しました。 場所はワシントンDC(地図)なので、ささっと見にいける距離ではないですが、そのかわり初版本、衣装、絵画など、幅広い収蔵品のデジタルイメ 続きを読む…