シェイクスピア作品 人気番付

販売データを整理する機会がありましたので、
単巻販売を始めた2014年から今月までを集計して
あらためてシェイクスピア作品人気トップテンを調べてみました。
(なお現在のところ、単巻は教育市場向けのみなので
「教材や図書館向けDVD」としての人気ランキングです)

1. ロミオとジュリエット
2. ハムレット
3. リア王
4. 夏の夜の夢
5. ヴェニスの商人
6. オセロー
7. マクベス
8. 十二夜
9. お気に召すまま
10. ジュリアス・シーザー/じゃじゃ馬ならし/リチャード三世

定番というか、一般的にも有名な順にランクイン。納得の順位じゃないでしょうか。10位が計ったように同数で人気作が並びました。さて反対に残念ながら最も人気薄だった作品は以下の4作品でした。

・ヘンリー六世第二部/ヘンリー六世 第三部
・トロイラスとクレシダ
・ウィンザーの陽気な女房たち

教材として考えると、三部までとりあげるのは時間的に厳しそうなので、ヘンリー六世が人気薄なのは
分かります。ウィンザーの陽気な女房たちは、楽しくて個人的には好きな作品で、DVD版のキャストもいいですし、舞台にかかることも多い気がしていたのでかなり意外でした。なお各作品は販売数が同数で1位のロミオとジュリエットとは10倍!以上の差がありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です